映画

映画「響-HIBIKI-」の試写会を観てきたのでレビューしてみる

映画「響ーHIBIKIー」

どうも、じゃんがりーです。

2018年9月14日公開の映画、

「響ーHIBIKIー」を昨日一足先に試写会で観てきたのでサクッと見所をレビューしてみますねー。

 

 

原作との違いは?

ご存知の方も多いと思いますが、この作品の原作はマンガの『響~小説家になる方法~』(柳本光晴/小学館)です。

 

マンガ原作の実写化映画となるとやっぱり

「違いはどうなのよ?」ってのが気になるのがマンガ好きの性。

 

早速結論を言ってしまえば、「違うわぁ~」ってならずに素直に楽しめます。

原作への忠実度はだいぶ高いです。

他の実写化では”余計な設定”が増えてたりして「いらんやろ、アレ」みたいなことも多々。そこに原作好きとしてはゲンナリすることも多いですが、

響では逆ですね。

細かいところはそぎ落としてシンプルになってる分、ストーリーの魅力が濃厚になってて。

そこがマンガのサブタイトルにはある”~小説家になる方法~”を映画タイトルには入れなかったってところにも表れてる印象。

オイラも原作読んでから観ましたが、これは満足です。

 

キャストの見所は?

さて次はせっかくの実写なのでマンガから離れて、個人的に気になった俳優陣のことをば。

 

主演は欅坂46の平手友梨奈、今作が初主演。

最初は正直興味なかったけど、主人公・響の”静と動”を見事に演じてたんで、ちょっと気になる存在になりました。

しかもちょっとググったら欅坂のオーディションでTHE ALFEEの「星空のディスタンス」を歌ったらしいじゃないか!

よし、いい子決定だ!(←アルフィー好き)

 

で、彼女のライバル梨香役はアヤカ・ウィルソン。

可愛い。ただただ可愛い。

その綺麗な瞳の奥に影もちゃんと持っているのがまた良い。

 

響の担当編集者役、北川景子。

美しい。シングルのライダースジャケットの着こなしがさすがです。

この映画一番の共感できる一般人であり、一番の目の保養パーソン(笑)

 

とある小説家役、小栗旬。登場シーンは多いものの役柄としては普通に脇役。

「この役に小栗旬を使うの?贅沢やなぁ」と思う反面、

「”あのシーン”では小栗旬くらいじゃないと表現出来ないかもな」とも思わされる。

改めて彼はすごい俳優だと。

 

こちらもとある小説家、柳楽優弥。

彼に関しては別の実写「銀魂」を見た後なので「今”土方さん”居たよな(笑)」っていう本編とまったく関連の無い感想です、サーセン(笑)

 

そして文芸部のヤンキー・タカヤ役、笠松将。

綾野剛系の結構な強面なのに、怖いのは最初だけです、いい意味で。

そのあとは登場するたびに愛おしくなる存在です。

今回の注目株No.1は彼ですね、オイラ的には。

 

全体的な見所は?

先にもいいましたが、この映画は原作の魅力が濃厚になってます。

具体的にどんな部分か?っていうと、ポスターにもある

”「天才」とは彼女のための言葉。”ってところ。

 

天才にもいろんなタイプがいるんでしょうけど、響の才能はまさに嵐。

絶対折れない彼女の芯を取り巻く感情はあまりに激しくて、普通の人間では掴まってられない。だから振り回される。

それでも手を伸ばして触れたいと思う。

良くも悪くも心を激しく突き動かされるから。

 

そういう激しいスピード感を感じることが出来るので、

観た後には嵐の後の晴れた空みたいなを感じられますよ。

これは原作を知ってようと知っていなかろうと関係ないっす。

 

 

まとめ

どうでしょう?

映画「響ーHIBIKIー」の魅力、少しでも伝わりました?

なんかレビューというかただのオススメ記事になった感は否めないですが、

仕方ないじゃん!面白かったんだもん!(笑)

激しく心を動かされたい!という方はぜひ観てみて下さい!

 

ほなまた!

 

ABOUT ME
じゃんがりー
じゃんがりー
宮城県在住、89年生まれ。派遣でのんびり働きながら趣味生活を謳歌中。消しゴムはんこ作ったりもしてます。